1. TOP
  2. 犬の膵炎や甲状腺機能低下症の食事治療におすすめのドックフード

犬の膵炎や甲状腺機能低下症の食事治療におすすめのドックフード

その他  

人間の生活習慣病はもはや当たり前となってしまいましたが、生活習慣病などの病気は今の時代はワンちゃん(犬)でもかかる時代です。特にワンちゃん(犬)で多い病気が「膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症」です。

ワンちゃん(犬)の場合も病気になった場合は、一時的には医者や薬の力を借りることは大切ですが、治療の基本は、食事です。

そもそもこういった病気の原因は日頃の食事によるものがほとんどですので、そういった意味でも食事(ドックフード)を見直すことが治療の基本になります。

ワンちゃん(犬)がかかる代表的な病気

以下がワンちゃん(犬)がかかる代表的な病気ですが、実は原因は同じです。しかもこれらの病気は併発リスクが非常に高いです。

  • 膵炎
  • 甲状腺機能低下症
  • クッシング症候群
  • 脂質代謝異常症
  • 糖尿病
  • 高脂血症

これらの病気に全て共通する根本になるのは「高脂血」「高血糖」です。それぞれの病気の根本原因は以下となります。これは治療する際の考え方として重症になります。

高脂血 高血糖
膵炎
甲状腺機能低下症
クッシング症候群
脂質代謝異常症
糖尿病
高脂血症

病気(膵炎、甲状腺機能低下症クッシング症候群、など)を改善するには食事(ドックフード)が鍵

上記で述べたように、これらの病気(膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症)の原因は高脂血、高血糖です。これらの根本原因を改善して治療するにはどうしたら良いでしょか?

人間に置き換えて考えるとわかりやすいと思いますが、治療の基本は食事と運動です。考えてみれば人間が病気などのために食事にこだわるのは当たり前ですよね?

毎日ジャンクフードや加工品ばかり食べていたのは病気にかかりやすくなります。ワンちゃん(犬)の全く同じです。

あなたはワンちゃん(犬)の食事(ドックフード)をことを考えたことがありますでしょうか?ワンちゃん(犬)の食事(ドックフード)には粗悪なものも多く人間でいうと、ジャンクフードを食べ続けられさせているようなものです。

ただ最近は、ドックフードにもワンちゃん(犬)のことをきちんと考えたものがうまれてきました。その1つがこれから紹介する犬心というドックフードです。

犬心はワンちゃん(犬)に多い6つの疾患(「膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症」)のために開発された無添加・高品質にこだわったドックフードとなっています。

犬の7疾患に対応したナチュラル食事療法食「犬心」のドックフードの大きさなど

>>犬の7疾患に対応したナチュラル食事療法食のドックフード

 

犬心と他の療法食(ドックフード)の違い

今までの療法食(ドックフード)

数値的な基準を満たすことを優先し低コストで大量生産されるケースが多く、原料・添加物・製法などに不安があります。そのため、栄養面病気やダイエットに対応した内容でも、長期的な視点で見た健康への疑問や食いつきの悪いケースがみられます。

 

「犬心」糖脂コントロール

「人も食べられる」ナチュラル製法で臨床試験による健康基準を満たしています。

さらに昨今のワンちゃんが併発しやすい6つの疾患(「膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症」)とメタボ・肥満をケアできます。健康・ダイエットに対応していることも今までのドックフードにはなかったポイントです。

 

今までの療法食(ドックフード) 犬心の糖脂コントロール
保存料・酸化防止剤などの添加物 無添加
農薬・肉骨粉などの悪質原料 フレッシュ自然原料
酸化の原因となる高熱処理・大量生産 手作り製法
6つの併発疾患対応ではない 「膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症」の併発疾患対応

犬心の特徴・こだわり

犬心の特徴を紹介していきます。(付属資料より抜粋)

低脂肪かつ良質脂肪

高コレステロール・高中性脂肪など、「高血脂」対決は、各疾患対策の重要ポイントです。低脂肪はもちろんのこと、脂肪の「質」にこだわっています。

原料に健康オイル「オメガ3脂肪酸」を使用し酸化を徹底して伏せgことにより、良質な低脂肪を実現しています。

血糖コントロール

糖尿病以外の疾患や肥満のワンちゃん(犬)も、血糖値コントロールすることが大切です。そのために、ブドウ糖や砂糖など、血糖値があがりやすい糖質を除去。さらに糖の吸収をブロックする食物繊維をバランスよく配合。ダブルパワーで血糖値をコントロールします。

消化のしやすいタンパク質

元気の元となるタンパク質。低脂肪・低糖とともにに、良質で消化のしやすいタンパク質をしっかり取り入れることが大切です。犬心では、低温でじっくりと乾燥させることで。消化しやすい生(なま)に近いフレッシュな状態を実現。

また300頭近いワンちゃん(犬)の便の状態、金調査を通じて、病気や肥満のワンちゃん(犬)でも消化しやすい肉、魚、ココナッツなどの配合比率を研究。原料・製造からこだわりました。

ワンちゃん(犬)の特性に合った、食物繊維・腸の健康

病気・肥満の腸内環境は深く関わっています。そして、ワンちゃん(犬)の腸の健康には、食物繊維が鍵となります。しかし野菜の食物繊維は犬にとって負担が大きく、腸を傷つけてしまうこともあります。

そのため犬心では、穀物・イモ類から食物繊維をバランス良く補い、善玉菌アップ・便の質の改善を実現しています。更に腸の健康とともに、自前製造の花びらたけにより、免疫力を高い状態にキープします。

犬の7疾患に対応したナチュラル食事療法食「犬心」

よくある疑問・質問

●動物病院から指定されている療法食の食いつきが悪く、切り替えたいのですが、獣医に相談した方がよいでしょうか?

→もちろん、相談していただいてけっこうです。動物病院から推奨されれることも多くなっており、臨床試験を反映とした内容となっています。他社療法食を食べないワンちゃん(犬)でも犬心は大好きという子も大勢います。

●対応疾患(膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症)以外にも病歴がある場合、与えても大丈夫でしょうか?

→病気によっては注意が必要です。例えば公表していないものの、「ストルバイト結石」などには対応した内容となっています。その他。肝臓病・心臓病・肝肝臓(胆のう疾患)・腫瘍・皮膚病・シュウ酸カルシウム結石などの病歴については、ぜひお問い合わせください。

●健康なワンちゃん(犬)に与えても大丈夫ですか?

→ワンちゃん(犬)の総合栄養をみたしており、与えていただいても問題ございません。ポッチャリ気味や脂性の犬などに特におすすめです。ただし低カロリーであるため、与えていると痩せてしまうことがあります。その場合は、お肉を少量トッピングしていただくなど、栄養調整いただければと思います。

●犬心で病気は治りますか?

→個体差があるため「治る」とは断言することはできません。そもそも犬心は食事管理を行うドックフードであるため、薬のような特効生を訴求することはできません。ただ犬心に寄って、健康状態の良いワンちゃん(犬)が多数いることは確かです。結果として薬に頼らずに、健康を維持できているワンちゃん(犬)もたくさんいます。

>>犬の7疾患に対応したナチュラル食事療法食のドックフード

まとめ

現代ではワンちゃん(犬)も病気になる時代です。ワンちゃん(犬)がよくかかる病気(膵炎、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症)の原因は共通しています。

人間と同様にこれらの病気を予防・治療するには、日頃の食事(ドックフード)が重要になってきます。犬心というドックフードはこれらの6大疾患のことを考慮されてつくられているドックフードですので、非常におすすめです。

今でしたら無料で食いつきチェック用のサンプルももらえるので、ぜひ試してみてはいかたでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

女子ノート | 美容・ダイエット情報サイトの注目記事を受け取ろう

食事療法に最適な犬心のドックフード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子ノート | 美容・ダイエット情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 銀座カラー

    銀座カラーの全身脱毛はどのくらいの期間・回数で終わる?1回あたりの施術時間は1時間

  • 【婚活パーティー】パンツでもウケのいい女性の服装

  • イチゴ鼻の原因!綿棒で簡単、鼻の黒ずみの取り方

  • マツエクには一重から二重になる効果があるの!?真相は…

  • 女性芸能人の整形失敗画像集めてみた。

  • イライラするのは病気のせいかも?セルフチェックで原因を知ろう!